数多くある二重の美容整形手術|費用のことも考慮に入れる

女の人

一重の種類

目元

眼瞼下垂という状態があります。これは、まぶたが垂れ下がり周りの人から眠たそうな印象を受けたり、ちゃんと目を開けているか疑われてしまうことがあります。本人はしっかり目を開いているのに眼瞼下垂の状態だとこうした印象を受けてしまいがちです。眼瞼下垂は目を開けるための筋肉が緩み、伸びることによって引き起こされる症状なのですがこの状態のせいで一重になっている方も中にはいます。この眼瞼下垂を解消させる手術を行えば重く垂れ下がっていたまぶたが改善され、しっかりと目を開くことができるようなるでしょう。こうしたしっかり目を開くことできるようになったことから今までの視野よりももっと見やすくなるはずです。目がしっかりと開けられることができれば、まぶたの筋肉が鍛えられ場合によっては二重なることもあります。二重には優しい印象を与える効果もあるので自分自身の好感度にも繋がるはずです。この眼瞼下垂の手術の費用は、一般的に行われている二重手術と差もあまりないことが特徴のひとつです。一般的に行なわれている二重手術の埋没法や、切開法で眼瞼下垂の症状が改善されるケースもありますので美容外科の先生に一度相談してみるのもいいでしょう。自分が眼瞼下垂かどうか判断できない場合は、多くの美容外科のホームページにモニターとして症例の一覧が写真付きで記載されているのでこれを参考にするのもひとつの手段です。ホームページだけではなく、インターネットにはいろんな情報がありますので自分自身で検索するのもいいです。人によっては両目で眼瞼下垂になっていることもあるのでこうした場合は費用がかかることがありますが、両目を一緒に手術することによってバランスのとれた二重になることも可能です。仮に片目だけの眼瞼下垂でも、もう片方に合わせてバランスをとることができますので問題ないです。あまり費用のかからないこの眼瞼下垂を改善させるとたくさんのメリットがありましたが、手術後のケアとして注意しておくべきポイントがあります。
手術後は、今までの視界よりも大きく広がるため目が乾燥しやすくなることがあります。こうした状態をドライアイと呼びますが、多くの美容外科ではドライアイを防止すると同時に急に広がってしまった目の緊張をほぐすために点眼薬を処方しています。この点眼薬をしっかりと行なっておかないとドライアイになってしまうことがありますので、病院から処方された薬などはきちんと行ないましょう。眼瞼下垂の手術で糸を使って皮膚を吊り上げる場合があればその点も注意が必要です。術後の傷跡が痒くなってしまい、そこを掻いてしまうと中の糸が緩んでしまう可能性があるのです。こうした場合にはタオルなどで押さえて我慢しましょう。どうしても痒くなるなら、美容外科などに相談をして痒み止めを処方してもらえば傷跡の痒みも解消できます。他の二重の手術と変わらない費用で眼瞼下垂の手術を行ない腫れぼったい目から開放されて新しい世界を手に入れましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加